赤坂ランチブログ!略して赤ラン!です。赤坂以外も、ランチ以外も、おいしい!と思ったものは日々綴っていきます。。ぺろり!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
ランチブロガーだけど・・・・
ふだんは食べ物のことばかり書いているあたいのブログですが、
先日、ひょんなことから六本木ヒルズの森美術館で開催している
「万華鏡の視覚」展のプレス先行内覧会に参加させていただきました。
なので、今回は食べ物記事なしで、感想などを書いてみたいと思います。




「食べることだけが生きがいなんでしょ」、みたいに思われがちなわたくしですが(?)、
一応大学で学芸員の資格を取得しておりまして、美術館や博物館に行くのも大好きなのでとてもワクワクでした。

プレス説明会では、森美術館館長の南條さん(大学で授業とってました!この日、お久しぶりに拝見いたしました。)と
森美術館キュレーターの荒木夏実さん、
そして、今回の展示会のコレクション元であるティッセン・ボルネミッサ現代美術財団の方々が壇上にあがり、今回の展示会の主旨や伝えたいことなどをお話してくれました。

このティッセン・ボルネミッサ現代美術財団 とは、オーストリアに本拠地を構える財団で、
斬新かつ創造的な現代美術を支援することを目的として2002年に創立されたそうです。
で、この創立者がまたBIGでして、あのハプスブルグ家の末裔であるフランチェスカ・フォン・ハプスブルグという女性。
見た感じ非常にキュートでおちゃめな感じでしたが、よくよく考えると、
世界史の教科書にも出てくる一家ですよね。えーと、マリー・アントワネットのご実家でいらっしゃいますよね。
え、えーと・・・・・・・・・リアル貴族に初めて会いましたw

ハプスブルグは置いといて、まぁ今回は現代アートの展示会だったわけですが、

現代アートって、アレでしょ?よく分かんなくて、やたら脳内破壊みたいな作品が多くて、
自由であれば自由であるほどイイ(・∀・)!みたいな、ヘンテコなのでしょ?

・・・という見解に、ともすれば陥りがちです。私も時々、あ?これのどこがアートだって?と思いたくなる作品に出会うことがあります。笑

でも、今回のプレス説明会で南條さんがおっしゃられていた

『「アート=絵画or彫刻」という時代から、
「アート=様々なメディアを駆使した作品のコアにある<考え方>そのもの」である時代へと変遷してきたんです』

って言葉を聞いたら、うん、やっぱり現代アートって面白い!って素直に飲み込めました。
続きを読む >>
15:57 / スピンオフ / comments(2) / trackbacks(0)
エイプリルフール
拝啓 さとつん様

桜舞い、出会いの季節になったばってん、元気にしとお?
あなたが初めて私に手紙をくれてから、早いもんで1年と235日。 もらった手紙の数も、191枚になったけんね。

返そう返そうと思いよったとやけど、照れてからなかなか返事ば書けんやったと。ごめんね。

初めての手紙の内容覚えとう?これ( ディナーから始まるランチブログ! )ったい。
これもらった時ね、これからどんな楽しい事がおこるんやろかって ドキドキしたとを忘れられんとよね。
いつもツヤつけて、手紙のデザインもバリバリ使って送ってくれたけんね。もう16枚くらいになるやろか。 今度は、「桜咲く」を使ってみらんね。
福岡は、もう桜も散ってしもうたばってん、 これでいつでも満開の桜を見てる気持ちになることができるけん、 新しい出会いがあるかもしれんばい。

これまで手紙をくれて本当にありがとうね。
私からは、なかなか手紙を出すことができんばってん、 これからも陰ながらあなたのことを応援しとるけんね。

「あなたのこと、ちかっぱい好いとーけん」

これからも、たくさん手紙をちょうだいね。

敬具

追伸
私たちだけの秘密の手紙にしたいと思った時は、すぐできるけんジュゲムプラスに申込んでみんね。
他のユーザーへ届いた手紙はコチラ JUGEMテーマ:ブログからの手紙

jugemの今年のエイプリルフールネタ。
「ブログからの手紙」だそうです。なぜか福岡弁。

ブログからのアドバイスどおり、春限定として「桜咲く」のブログテンプレに変えてみました。
・・・が、スキンが透けて写真が見づらいのですぐに元に戻しました。だめじゃん!
あ〜でもリアルに今週末はお花見です。楽しみだな。

上の手紙を読んで、K部長が「福岡の女はかわいい」という話を熱弁していたことを思い出しましたw
思うんですけど、西の方言って、かわいいですよね絶対!!!

今年も各メディアがエイプリルフールネタをしこんでいますが、
Daily Portal Zはいつもどおりのノリで大好き。

カップヌードルのかやくを3倍に増やす方法
とか、
ピータンは簡単につくれる 
とかね。ハハハ
12:09 / スピンオフ / comments(0) / trackbacks(0)
2008年 ブロガーが選ぶWebCampaignBest5
 年の瀬ですね。

というわけで2008年を振り返り。
でも、今回は食べ物のことじゃありません。Webキャンペーンのことについて。

というのも、[beat]さんより「2008年 ブロガーが選ぶWebCampaignBest5」をまわしていただいたので、僭越ながら、独断と偏見で書かせていただきまーす


5位 プーペガール

えーと、これ、まず最初からWebキャンペーンではありませんが。。。
知ってます、これ、ファッションに特化させた えす・えぬ・えす っていうんですよね?
えぇ、知ってます、存じ上げております。
でもね、これ、2008年3月にローンチさせてからというもの、すごい勢いで流行っていきましたよね

それもそのはず、これ、女子の心理をうまーいことついてるサービスなんですよ。

サービス概要をジャジャッと説明しちゃうと、ユーザーひとりにつき1つの「プーペ(人形)」が与えられて
そのプーペを日々きせかえていく、きせかえゲームみたいなもの。
・・・なんか言語化しちゃうとめちゃめちゃ稚拙ですが(汗)、面白いんです。

プーペに着せてあげる服や靴やバッグは、「リボン」という通貨を使って手に入れるのですが、
じゃあその「リボン」はどうしたら手に入るかっていうと、
ユーザーがリアルに持っている服やアクセなどのファッションアイテムを写メって、サイトに送るんです。
そうすると、ランダムで「リボン」と「プーペ用のファッションアイテム」がもらえるんです。

じゃあその写メは送りっぱなしかっていうと、そうじゃなくて、
サイト内の「CLOSET」に収納されて、いろんなユーザーに見てもらうことができるのです。
なので、プーペガールの中では
「あー、それ私とおそろですぅー☆」とか、「やっだーコレまじかわいー☆」とか、
女子の下らないっちゃ下らないたわごとが日々繰り返されているわけで。

でもね、そのやりとりが楽しいんですよ。
女子の「見せたがり精神」や「これカワイイっしょ?的な優越感」をうまいことついてる。

プーペガールの代表取締役の子は、入社3年目の女の子。その子もとってもかわいいのです
うふふ

ローンチ1年目でブームになってしまって、この後どう進化させるか、どうユーザーを飽きさせないか、今後が大変だとは思いますが、1ユーザーとして応援してます。

ありゃ、しょっぱなから長くなっちゃったよ。


4位 Google プロジェクト 10100

もう募集は締め切ってしまいましたが、「世界に役立つアイディア募集!」と銘打って
Googleが08年10月から開始したプロジェクト。
世界に役立つアイディアであれば、何の縛りもなくて自由に応募できる上、最終的に選ばれた人には、Googleがその実現資金1000万ドルを提供するというもの。

このプロジェクト自体のアイディアや仕組みそのものは非常にシンプルですが
Webの「ひとりのふとした思いつきを気軽に世界中に公開できる」という長所を最大限活用できる可能性が秘められていると思いますし、
それをGoogleが行っていることで、より一層その信憑性が増してくると思いました。

10万以上の集まったアイディアをGoogleが5つまで絞込み(すごいですよね・・・どんな作業だ)
1月27日から一般投票開始だそうです。要チェケラ。


3位 AXE WAKE-UP SERVICE INC.

残念ながらもうサイトはクロージングしてしまったようですね。
ご存知ない方いらっしゃったら、詳しくはコチラをご参照ください。

ユニークな広告が目につくAXEの各種キャンペーンですが、AXE WAKE-UP SERVICE INC.は、
サイトを見ながらきれいなおねえさんの中から好みの人を選び、
自分の携帯電話番号を入力すると、指定した時間にそのお姉さんからモーニングコールがかかってくるというもの。

・・・さらっと説明しましたけど、スゴくありませんか??だいぶスゴいと思うんですよ。

PCの小さなブラウザの中、Webの中だけで完結してしまうキャンペーンがほとんどの中、
このキャンペーンはバーチャル⇔リアルを上手に行き来して、
男の人の中のAXEエンゲージメントを グググィッとあげたんじゃないでしょーか。
これで、AXEの売り上げもグググィッとあがればいうことなしですよね。その点どうだったのでしょうか、わかりませんが。

今年1年の中で割と印象に残っているキャンペーンでした。


2位 booing.jp 全日本ご不満放出選手権

すでにいろんなブログでもランクインしておりますが、やっぱりbooing.jpは私もランクインです。
好きなんです。

「トブ太くんに不満を注入して飛距離を争う」というコアアイディアもさることながら、
「不満」っていうネガティブな感情をネチネチさせずに見せられる全体的なクリエイティブや、
トブ太くんの飛ぶパターンには数十種類?あって、レアパターンだとトブ太が○○○にさらわれて・・・などなど、ユーザーの遊び心をくすぐる仕組みも複数用意してある周到さ。

そして、音・クリエイティブ・フォント・キャラクター すべてが心地良いの。
なんか、気軽にアクセスしたくなっちゃう「佇まい」なの。これは好みの問題なのかな?

いやいや、でもWebサイトローンチ後、TVや雑誌にも取り上げられていたし、
「Webからマスメディアへ」のフローを辿った理想的な話題拡散パターンを実現できていたような気もいたします。


1位 mixi年賀状

私的に、今年1番衝撃的だったWebキャンペーンはmixi×日本郵便の「mixi年賀状」です。

なんかね、「その手があったか・・・・!」という感じ。「やられたー!」って感じ。
だってさだってさ、年賀状を書くという文化が廃れつつある近年、かなり画期的なサービスだと思うんですよ。
相手の本名や住所を知らなくても、mixi経由で年賀状が出せちゃう。
しかも、年賀状のイラストも400種類の中から選べちゃう。
年賀状ソフトとか買わなくたって、mixiやってれば、すべてPCで年賀状を完成できちゃう。
やー。やられました。利用させていただきました。 高いから1枚だけだけど。。

上記サービスは、年賀状を書く時発生する「めんどうくさい」という気持ちを、だいぶ緩和してくれる気がします。

「紙で届くと、やっぱりうれしい」っていうコピーも好き。だって、そのとおりだから。

これも、AXE同様、バーチャル⇔リアルを上手に行き来していると思います。
Webの中だけじゃなく、Webを経由して何か具体的なモノが手元に残る・・ということが大事なんだと思います。
だって、Webの中だけじゃ、ふつーの生活者には届かないこといっぱいあるもん。

すでに今年だけで40万通以上の利用があるそうですが、
「お正月にmixi年賀状が届く」っていうのが普通になる世の中はくるのでしょうか。
プーペ同様、来年以降このサービスがどう変革・進化していくのか楽しみです。




はー長かった。ちかれた。全部読む人いるのだろうか・・・


でも一応、次のバトンパスをしたいと思います。

では、恐縮ながらgaoさんの
17117 - cultures and communication that I've learned from...
にバトンパスしたいと思います。
どんなキャンペーンを選ぶのか楽しみ

よろしくお願いしまーす!

今年の赤ラン!終わり☆

20:33 / スピンオフ / comments(0) / trackbacks(0)
スピンオフ*地方の看板
スピンオフ企画と銘打って、ついに赤坂でもなければランチでもない、というかもはや食べ物の話題ですらない記事がエントリーされようとしている「赤ラン!」です。
ランチブログですよ、一応。

前回、3月30日の「旅ランチ」の記事の中で、
地方のシュールな看板を話題にあげたところ、
赤ラン!のコアな読者の皆さんが「ぼく・わたしも見つけました」と投稿してくれたので
紹介したいと思います。

◆「知名度0%」という斜に構えたアピールをする店

ちいさい上に、ドライブ中にあわてて撮った(らしい)ので分かりにくいかもしれませんが、
お店の屋根の上に設置されている看板にでかでかと
「知名度0%」と書かれています。その右下にちいさく店名が・・・・(分析不能)
なんのお店なのか、店主をいったい何を考えているのか、なぜこんなに威風堂々と知名度0%とアピールしているのか・・・
なぞは深まるばかりです。
ちなみに場所は新潟だそうです。確か。

◆大きく出た!と思いきや、控えめだった店

「日本一うまい手打そば」と大きく出つつも、次の行で即座に態度を控えめに改めている看板です。
めざすだけなら誰でもできる!
ただ、開店時間の右横に、「売切次第終了」の文字があるのを見ると、
「あれ・・・売り切れるときもあるんだ・・・・ひょっとして本当にうまいんじゃ」と
見ている者の心をモヤモヤさせる力も持っている看板です。



それにしても、最近ブログのコンセプトからズレすぎだというクレーム(?)も入っているので笑、
次の記事こそ赤坂ランチをとりあげたいと思います。

ちゃーす!
12:06 / スピンオフ / comments(0) / -
1/1PAGES
PROFILE
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
I love YUKI
RECOMMEND
三文ゴシップ
三文ゴシップ (JUGEMレビュー »)
椎名林檎
女子よ。これを聞くべきだよ。
男子よ。これで学ぶべきだよ。
RECOMMEND
SERIOUS JAPANESE(初回限定盤)(DVD付)
SERIOUS JAPANESE(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
TERIYAKI BOYZ,TAKAGIKAN,KANYE WEST,PUSHA T,PHARRELL,MADEMOISELLE YULIA,DONDRIA,CORNELIUS,ADROCK,FAM-LAY,CHRIS BROWN
かっこよすぎだろ さいこー!聞いてて無条件に気持ちいーもん
夜でも朝でもしっくりきちゃう
RECOMMEND
MORE! MORE! MORE!
MORE! MORE! MORE! (JUGEMレビュー »)
capsule
ヘッドホンでおっきい音で、もうどっぷり浸かりたいサウンドの集合体。JUMPER大好き。無条件にテンションあがります。
RECOMMEND
five-star(初回生産限定盤)(DVD付)
five-star(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
YUKI
初回限定についてくる写真集、やばいよ 犯罪級・法外なかわゆさ!あまり知られてないソロデビュー曲the end of shiteから、名曲joyを経由して、ネット限定配信曲ビスケットに着地する一巡りのポップチューンツアー。どうぞお試しあれ◎
OTHERS
MILK JAPAN
MILK JAPAN
MOBILE
qrcode